カテゴリー:法令コラム

  • 企業法務が考えるべき遺族への適切な対応方法

    過労死の裁判判例5選!企業法務が考えるべき遺族への適切な対応方法

    企業においてはコンプライアンスが広く浸透してきました。しかしコンプライアンスを重視すれば、本来発生するはずのない従業員の過労死がいまだに後を絶たないのは、どういった事情があるのでしょうか。この記事では企業法務が考えるべき遺族への適切な対応方法について解説をします。
  • 労働組合の作り方

    労働組合の作り方! 何を準備し、どう手続きを踏めばいいのか?

    労働組合を結成すると、団体として使用者に対し労働条件などの改善要求をこない、時にはストライキを行うことで、個人ではできなかった強い交渉が可能となります。しかし、労働組合の作り方がわからないという方も多いと思いますので、詳しく説明します。
  • テレワークとリモートワーク、そして在宅勤務

    テレワークとリモートワーク、そして在宅勤務。何がどう違うの?

    今年に入り新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の中で、外出や通勤の自粛を実施した結果、テレビ会議などを活用した新しい働き方が注目を集めています。そこで今回は、新しい働き方「テレワーク」「リモートワーク」「在宅勤務」の違いについて詳しく解説します。
  • 敵対的買収

    ブルドックソース事件の経緯を専門家が解説!敵対的買収から会社を守るために何ができるのか?

    ブルドックソースの行った買収防衛策の一つである「ポイズン・ピル」は、我が国では始めての実例であり、最高裁判所が適法と認めたという点で新たな扉が開かれた事件となりました。そこで、本事件の経緯を整理するとともに、敵対的買収に対する予防策、防衛策を詳しくご説明します。
  • カップヌードルが持つ特許とは?

    カップヌードルが持つ特許とは?

    今回の記事ではカップヌードルが持つ特許について、従来の即席麺が抱えていた課題を踏まえつつ、技術的な概要や即席麺にもたらしたメリットをご紹介します。 カップヌードルが持つ特許は「容器付きスナック麺の製造法」 …
  • 交通事故の賠償額

    交通事故の賠償額はどれくらい?社員の事故の備えよう

    もしも社員が交通事故を起こしてしまった場合、会社側が想定しなければならないのはどのようなことなのでしょうか?この記事では社員の事故への備えを解説した上で、交通事故の賠償額の目安についても紹介いたします。ぜひ参考にしてください。
  • 国勢調査

    国勢調査ってなぜ必要?

    国勢調査は、我が国の人口などを明らかにするために、5年ごとに実施される全国規模の調査です。直近では、2020年に実施されました。特徴的なのは、調査方法が人海戦術だという点です。この記事では国勢調査の役割について解説するとともに、ビジネスに生かすヒントを案内していきます。
  • 社交・儀礼に関する社外文書

    社交・儀礼に関する社外文書の書き方とテンプレートの紹介

    社交・儀礼に関する社外文書(社交文書)とは、企業同士で挨拶や感謝などの感情を伝える際に送付する社外文書の総称です。取引先との関係性を良好に保ったり、商慣習の一環として送付し合うものもあります。今回の記事では社交・儀礼に関する社外文書の書き方とテンプレートをご紹介します。
  • DXとは

    DXとは?定義や実現した後の世の中について解説

    新型コロナウイルスの影響により働き方は大きく変容を遂げています。そんな中「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が注目を集めています。今回の記事では、そんなDXの定義や必要と言われる背景、実現した後の世の中について詳しく解説します。
  • 行政のオンライン化

    行政のオンライン化が進まない理由は?

    世界規模のIT化・デジタル化に対応するために2001年に施行された高度情報通信ネットワーク社会形成基本法を始めとして、政府はさまざまな法律や政策を講じてきたにもかかわらず行政のオンライン化はなかなか進んでいません。今回は行政のオンライン化が進まない理由について説明します。

人気の記事

  1. 保証契約の民法改正

    2020-6-19

    民法改正で保証契約はどう変わったか?~改正民法の重要ポイント④

  1. リーガルテックNEWS
    3カ月で168件契約 土木部の電子契約締結状況(県監理課) http://www.jcpress.c…
  2. 民事訴訟とは
    民事訴訟と刑事訴訟は、目的などに大きな違いがあります。民事訴訟の当事者となる場合は、あらかじめ訴訟の…
  3. 末冨純子
    2020年は元には戻れないほどデジタル化した年と言っても過言ではありません。しかし「人」が大事であ…
ページ上部へ戻る