カテゴリー:法令コラム

  • 2021年4月から変わったこと

    仕事・生活に影響しそうな2021年4月から変わったこと

    2021年4月 生活に直結する様々な制度が変更されました。中でも、「同一労働同一賃金」や「70歳までの就業機会の確保」といった働き方に関する法律改正は、私達の将来設計に大きく関わってくる問題です。また消費税の表示方法についても、総額表示が義務化されました。
  • IPランドスケープ

    大手企業が取り組むIPランドスケープとは

    近年日本では、大手企業を中心に知的財産の情報を経営戦略に活かす「IPランドスケープ」という取り組みが広がりを見せています。今回の記事では、そんなIPランドスケープの定義や具体的な活用方法などを解説します。 IPラ…
  • 給与のデジタル払い

    給料がデジタル払い?メリットとデメリット

    現在、多くの企業が銀行振込で給料を支給しています。もはや常識ともいえるこの給与の支給方法が、近い将来デジタル払いになるかもしれません。簡単にいえば、〇〇Payといった電子マネーが給料として支払われることになるのです。給…
  • 減資とは

    資本金の減資をするのはなぜ?

    2021年の1月に資本金41億5千万円の毎日新聞社が1億円へ減資する計画が報道されました。目的は業績の悪化によって苦しくなった財政状況を立て直すための節税目的だとされています。法人税法で定める資本金1億円以下の中小法人と1億円を超える企業に適用される税金の負担はそんなに違うのでしょうか。
  • 海賊版サイトの被害

    海賊版サイトの被害が止まらない原因と対策

    海賊版サイトの被害は、年々深刻化しています。法改正や業界団体の呼びかけがあるにもかかわらず、なぜ海賊版サイトの被害は止まらないのでしょうか? 今回の記事では、海賊版サイトの被害が止まらない原因と、今後取るべき対策…
  • 改正著作権法

    改正著作権法の変わったポイントとは?

    2020年10月および2021年1月より改正著作権法が施行されています。今回の改正著作権法では、特に海賊版サイト対策に焦点を合わせた変更が大規模に行われました。 具体的には、海賊版サイト対策として「リーチサイト対…
  • Googleはなぜターゲティング広告の開発をやめるのか

    Googleはなぜターゲティング広告の開発をやめるのか

    2020年6月5日、新型コロナウイルス感染拡大の第一波が収束した頃、国会では「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律案」が可決されました。 その半年前の2019年1月14日、米国Googleが自社の公式…
  • デジタル名刺

    コロナ禍で広まるデジタル名刺とは?

    新型コロナウイルスの流行により、商談や会議にもオンライン化の波が押し寄せています。コロナ禍によるビジネスのオンライン化に伴い、急速に広まっているのがデジタル名刺です。 今回の記事では、デジタル名刺の概要や使い方、…
  • 国家公務員倫理規程とは

    なぜ接待がダメ?国家公務員倫理規程とは

    国民が終息の見えないコロナ禍に苦しむ中、総務省や農林水産省の幹部職員が倫理規程に違反する接待を受けていたことが、連日のように報道されています。倫理規定に違反していることが、ひとつの争点になっていますが、それではなぜ国家…
  • 確定申告時の医療費控除計算

    確定申告時の医療費控除計算にはご注意を

    年間で支払った医療費がある程度大きい方は、確定申告の際に「医療費控除」を適用し、納税額を減らすことができます。しかし医療費控除の計算には落とし穴があり、気づかずに大損する可能性があります。 そこで今回は、医療費控…

人気の記事

  1. 保証契約の民法改正

    2020-6-19

    民法改正で保証契約はどう変わったか?~改正民法の重要ポイント④

  1. リーガルテックNEWS
    リーガルテック領域にまつわるニュースをまとめてお知らせ。ジャンルは幅広く、こだわらずにピックアップ…
  2. 事業譲渡とは?メリットとデメリット・会社分割との違いを解説
    企業戦略のひとつに「事業譲渡」という手法があります。事業譲渡とは、会社の事業のうち、不要と考えられる…
  3. 少年鑑別所と少年院
    未成年の子供が犯罪を起こすと、少年鑑別所または少年院に送致される可能性があります。一見すると似ている…
ページ上部へ戻る