法律情報統合検索

全体 (136825件)

[判例]

特許審決公報 不服2013−17038(P2013−17038/J1) 平成26年10月30日 【LED照明装置】
【請求項2】 前記ランプが、青色素子からなるランプ(a)、青色素子と緑色蛍光体とを有するランプ(b)、青色素子と赤色蛍光体とを有するランプ(c) 「青色素子からなる青色ランプと、青色素子と緑色蛍光体とを有する緑色ランプと、青色素子と赤色蛍光体とを有する赤色ランプと、各ランプのそれぞれの光出力を調整可能な制御装置 とを有する、照明装置であって、 各ランプの青色素子は透明樹脂により封止され、緑色ランプと赤色ランプの青色を封止する透明樹脂には蛍光体が分散され、 青色
特許審決公報 不服2011−11448(P2011−11448/J1) 平成25年4月26日 【白色発光素子】
青色発光面に、黄色発の薄片状蛍光体を前記発光面の1/2程度の大きさに形成し、黄色発の薄片状蛍光体からの黄色光と青色からの青色光が混合され白色光として視認される白色発 」であって、「黄色発の薄片状蛍光体からの黄色光と青色からの青色光が混合され白色光として視認される」ことを対比する。 パターン」が「前記p側電極と重畳されないように前記p型半導体層の上面に」形成されるのに対し、引用発明では、「青色」の具体的な構造が明らかでなく、「薄片状蛍光体」が青色発光
特許審決公報 不服2013−7281(P2013−7281/J1) 平成26年4月17日 【発光ダイオードのための反射性マウント基板】
形成され、前記GaN系青色4を被覆し、固定する蛍光体含有部5と、 前記GaN系青色4と前記マウントリード2、及び前記GaN系青色4と前記インナーリード GaN系青色4」は、「リードフレーム上の発光」に、 「『マウントリード2と、・・・GaN系青色4と、・・・蛍光体含有部5と、・・・導電性ワイヤー6、6とを 2 引用発明1は、「GaN系青色4」が「マウントリード2の上部カップに接着された」ものであるから、「マウントリード2(リードフレーム)がGaN系青色4(発光)を支持
特許審決公報 不服2006−6057(P2006−6057/J1) 平成20年7月1日 【二酸化窒素の濃度計測方法及び濃度計測装置】
スペクトルに有する青色を採用し、二酸化窒素の濃度を測定するようにすることは当業者が容易に想到する事項であると認められる。 なお、白色発及び青色発光スペクトルが、430nm以下の短波長を有さないことは、周知(例えば、特開2002−100229号公報(【0025】及び第2図には、青色LEDの発光スペクトル であるから、引用例1記載の濃度測定の光源として、白色発又は青色を用いた場合には、二酸化窒素を解離させないという効果を奏することは明らかである。』
特許審決公報 無効2016−800068(P2016−800068/J3) 平成28年12月13日 【多色ペンライト】
甲第1号証には、赤色発、緑色発青色、黄色発及び白色発を備える光源部と、前記各発光から発せられる光を集光、混色する発光色補助手段を ダイ」は「赤色発」に、「緑色の発光」は「緑色発」に、「青色発光」は「青色」に、「発光部201」は「光源部」に、それぞれ相当する。 ウ.甲1発明の「赤色の発光、緑色の発光青色発光を備える発光部201」と本件特許発明1の「赤色発、緑色発青色、黄色発
特許審決公報 不服2013−22421(P2013−22421/J1) 平成26年9月16日 【白色発光ダイオード】
された緑色発チップと、 前記青色チップと緑色発チップを封止するためのモールド部とを備え、 前記モールド部は赤色蛍光体を含み、 前記青色 前記青色チップと緑色発チップを封止するためのモールド部」、「前記青色と前記緑色発は、 前記基板上で前記第1方向と前記第2方向の間の第3 ダイ及び前記緑色発チップをめぐるように配置され、前記青色及び前記緑色発チップからの光を所定方向に反射させるための反射部」と、「基板上に配置され、前記青色
特許審決公報 不服2007−27663(P2007−27663/J1) 平成21年8月11日 【発光光学素子】
において500μW以上の出力を有する青色において、 前記発光チップの表面に少なくとも主発光波長より短い波長を吸収する薄膜が形成されていることを特徴とする青色。 イ 「【0001】 【産業上の利用分野】本発明は500nm以下の波長に発光する半導体材料より成る高輝度青色に関する。」 した青色。」
特許審決公報 不服2008−5799(P2008−5799/J1) 平成21年7月6日 【発光デバイス及び照明装置】
さらに詳しくは、この出願の発明は、青色青色LED)を光源とする白色発(白色LED)の高輝度化を可能とする、希土類元素を付活させた酸窒化物蛍光体に関するものである。」 ダイ青色LED)を光源とする白色発(白色LED)の高輝度化を可能とする、希土類元素を付活させた酸窒化物蛍光体。」 (3)また、上記(1)によれば、前記(2)の蛍光体は、「青色青色LED)を光源とする白色発(白色LED)の高輝度化を可能とする」ものと認められるから、引用例には、「青色
特許審決公報 不服2001−23303(P2001−23303/J1) 平成14年9月30日 【発光ダイオード】
「【請求項1】 青色発光するチップと、そのチップが載置され、そのチップに対して電圧を印加するためのリードフレームと、少なくとも前記チップの放射前方を封止する透光性の樹脂封止部材とから成る青色 よって、両者は「青色発光するチップと、そのチップが載置され、そのチップに対して電圧を印加するためのリードフレームと、少なくとも前記チップの放射前方を封止する透光性の樹脂封止部材とから成る青色 なお、請求人は、審判請求書において、刊行物1〜3には青色発光色に関する課題の提示が全く存在しない旨主張する。
特許審決公報 不服2010−9911(P2010−9911/J1) 平成23年5月31日 【発光ダイオード及びその製造方法】
上記記載1のlight emitting diode(発光)は、青色として一般的な、gallium nitride-based diode region(窒化ガリウムベースのダイ よって、上記記載1のlight emitting diode(発光)は、青色である。 向かって前記第2の面に隣接して傾斜した角度で延びる傾斜側壁を有する、 青色。」
特許決定公報 異議2001−73333(P2001−73333/J7) 平成14年11月1日 【液晶デイスプレイのバックライト】
には、「透明な導光板2の端面の少なくとも一箇所に青色1が光学的に接続されており、さらに前記導光板2の主面のいずれか一方に白色粉末が塗布された散乱層3を有し、前記散乱層3と反対側の導光板2の 主面側には、透明なフィルム6が設けられており、そのフィルム6の表面あるいは内部には前記青色1の発光により励起されて蛍光を発する蛍光物質が具備されていることを特徴とする面状光源。」 (請求項1)が記載されており、青色1が窒化ガリウム系化合物半導体よりなる点(段落0017参照)、導光板2の第一の主面側から観測される発光色が、前記青色LED1からの発光色と蛍光物質からの光
特許審決公報 不服2016−9226(P2016−9226/J1) 平成29年6月7日 【液晶表示装置】
ここで、青色と白色発の設置数比は、それぞれのダイのピーク輝度や求めるホワイトバランス等によって、当業者が適宜設定するものであり、本願の請求項1に規定された程度とすることも してみれば、引用文献1において青色と白色発発光時間は重なることはない。 バックライト4の光源は、少なくとも1つの青色青色LED)2aと、少なくとも1つの白色発(白色LED)2bとで構成され る。
特許審決公報 不服2012−8395(P2012−8395/J1) 平成25年2月13日 【半導体発光素子及びウェーハ】
【0052】 (実験例6):低転位サファイアテンプレート 有機金属気相成長法を用いて、青色を作製する。 実験例5と同様にして、青色を作製する。 領域を成長し、実験例5と同様にして青色を作製することが記載されている。
特許審決公報 不服2016−5718(P2016−5718/J1) 平成28年10月31日 【赤色ランプ及び車両用灯火装置】
【0370】 発光ピーク波長が454nmの青色をフレームのカップ底面にダイボンディングし、次に発光とフレームの電極をワイヤーボンディングによって接続する。 【0382】 発光ピーク波長が460nmの青色をフレームのカップ底面にダイボンディングし、次に、発光とフレームの電極をワイヤーボンディングによって接続する。 」 (Ac) 「【0010】 本発明の発光と蛍光体の組み合わせ照明は、 図1を用いて説明したように、青色と黄色の蛍光拡散体を組み合わせることで
特許決定公報 異議2016−700319(P2016−700319/J7) 平成29年5月19日 【発光セラミックおよびそれを使用する発光装置】
を用い、これと、InGaN系化合物を発光層とする青色発光ピーク波長は450nmである。) とする青色発光ピーク波長は450nmである。) のとおり、最終的には青色発光ピーク波長は450nmである。)
特許審決公報 不服2016−18183(P2016−18183/J1) 平成29年7月11日 【発光装置用レンズ及び照明装置】
(2)引用文献2に記載された技術事項 「青色素子と、 前記青色素子から発せられる光が入射され、その一部の光を黄色光に波長変換して出射する蛍光体からなる 「青色素子と、 前記青色素子から発せられる光が入射され、その一部の光を黄色光に波長変換して出射する蛍光体からなる波長変換素子と、 前記青色 記載された技術事項」とは、「青色と蛍光体とを組合わせて白色光を得る照明装置」である点で技術的に共通する。
特許審決公報 不服2012−8551(P2012−8551/J1) 平成26年10月20日 【横向き平面実装白色LED】
(2)上記1(2)の記載に照らせば、 上記(1)の「発光素子」は、青色であってもよいものと認められる。 「基板上に形成された2つのリード電極に、青色のp側電極およびn側電極をそれぞれマイクロバンプを介して接合することにより基板上に青色を搭載した半導体発光装置において、 (4)引用発明の「青色」は、青色光を放出する活性領域を含むことが、当業者にとって明らかであることに照らせば、 引用発明と本願発明とは、 「パッケージ支持体と、
特許審決公報 不服2004−2689(P2004−2689/J1) 平成18年8月16日 【照明装置、航空標識灯および表示灯】
「複数の赤色発発光、複数の緑色発発光及び複数の青色発光、並びに複数の発光が発した光を集光又は拡散する光学系とを有し、前記複数色の発光内の発光素子 引用発明1の「複数の赤色発発光、複数の緑色発発光及び複数の青色発光」全体は、補正発明の「RGB発光色を有する複数の発光を集積して発光面を形成した発光 を省略できることに加え、発光は発熱量が小さいこと等も、青色採用の動機にあげることができる。)
特許審決公報 不服2015−17545(P2015−17545/J1) 平成29年1月23日 【量子ドットを用いたバックライトユニット用部材およびその製造方法】
「【0025】 発光120が青色である場合、発光120上の量子ドット層140は、緑色量子ドット142及び/又は赤色量子ドット144を含むことができる。 また、引用発明の「青色120」 は、技術的にみて本件補正発明の「青色素子」に相当し、引用発明においては、この「青色120」が凹部分を有する「ハウジングの底面部110a上に そして、引用発明の「量子ドット層140」が「青色120」からの光を透過させるものであることは明らかである。
特許審決公報 不服2006−11070(P2006−11070/J1) 平成20年5月23日 【半導体発光素子および半導体発光素子の製造方法】
載置し、発光素子全体を樹脂モールドで封止してなる青色において、 前記発光素子の側面が、透光性基板上面の鉛直方向より、鋭角θで切断されていることを特徴とする青色。」 け、 該発光素子の透光性基板を上面としてリードフレーム上に載置し、発光素子全体を樹脂モールドで封止してなる青色において、 前記窒化ガリウム系化合物半導体が青色を 発し、 前記発光素子の側面が、透光性基板上面の鉛直方向より、鋭角θで切断した連続側部表面である青色。」