法律情報統合検索

全体 (108291件)

[判例]

商標審決公報 取消2005−30991(T2005−30991/J2) 平成19年9月18日
での著名保護も不可能である。 したがって、本件商標のごとく登録商標としての同一性を超え、不当に著名に類似させ、著名の信用に乗じるような使用がなされた商標に対しては、商標法が保護すべき適格性が否定されて当然である。 同じく、本件審判についての主張ではないので、医薬模倣品からの保護が叫ばれている状況下で、登録商標の不正使用を許すと、日本の製薬メーカーの利益のみならず著名保護に影響が大きいとの主張に対しては、答弁
東京高等裁判所 平成13(行ケ)15 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 したがって,「POLO」「Polo」又は「ポロ」商標を単独でラルフ・ローレンの著名であると認めることはできない。これを著名であるとする決定は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
平成13(行ケ)15 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 これを著名であるとする決定は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
商標審決公報 平成11年審判第35366号 平成13年5月15日
すなわち、フランス工業所有権庁が周知・著名として特に保護に値するとしたものである。 上記のような、国際的な周知・著名保護の要請に鑑みても、出願人の使用する著名商標は適切に保護されるべきものである。 前述のように、フランス工業所有権庁が著名保護を要請して日本特許庁に提出した著名リストにも「CELIO」と旗の図形を組み合わせた商標が掲載されている(甲第58号証)。
東京高等裁判所 平成12(行ケ)276 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 したがって,「POLO」「Polo」又は「ポロ」商標を単独でラルフ・ローレンの著名であると認めることはできない。これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
東京高等裁判所 平成12(行ケ)277 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 したがって,「POLO」「Polo」又は「ポロ」商標を単独でラルフ・ローレンの著名であると認めることはできない。これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
東京高等裁判所 平成12(行ケ)278 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 したがって,「POLO」「Polo」又は「ポロ」商標を単独でラルフ・ローレンの著名であると認めることはできない。これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
東京高等裁判所 平成12(行ケ)279 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 したがって,「POLO」「Polo」又は「ポロ」商標を単独でラルフ・ローレンの著名であると認めることはできない。これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
平成12(行ケ)276 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
平成12(行ケ)277 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
平成12(行ケ)278 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
平成12(行ケ)279 平成13年8月9日
(4) 著名が,当該著名を使用してブランド・イメージを構築してきた者以外の名義で登録されている例は多数ある。 しかし,普通名詞を著名として認めると,普通名詞の意味する分野と関連する分野においても,当該著名を含んでいれば商標登録が認められないことになるのであり,これは余りにも広く個人による普通名詞の商標使用 これを著名であるとする審決は,ラルフ・ローレンの商標の不当な拡張解釈である。
商標審決公報 平成10年審判第9730号 平成11年7月23日
以下、このような状態になっている商標を「当該著名」という)、他人による他の商標(以下「他者商標」という)の使用が、結果として、当該著名に化体されている、当該著名の使用者の業務上の信用あるいは その際、当該著名に化体される、その使用者の業務上の信用の蓄積の程度は、当該著名の使用結果として生ずる著名性の度合いによって異なるというべきであるから、これが、一定の範囲に固定されることなく消長を したがって、当該著名と、他者商標が互いに類似しないと判断される場合であっても、そのことをもって出所混同のおそれが生じないとすることは、出所混同の範囲を商標の類似の範囲に固定化することとなり、当該著名
商標審決公報 無効2007−890021(T2007−890021/J3) 平成20年5月23日
著名の信用を保護する商標法第4条第1項第15号に該当するものである。 要するに、商標法第4条第1項第15号(著名保護)は上記の「狭義の混同」及び「広義の混同」の両方について規定していると見なければならないという趣旨である。 したがって、一般需要者に対し著名となっている商標が存在する場合において、それをそっくり含んで成る商標をその著名となった商品に用いることが、商標法が保護対象とする商標権者の業務上の信用の保護と需要者の保護
商標審決公報 平成9年審判第15957号 平成11年7月26日
2.答弁に対する弁駁 本年6月14日付をもって、特許庁商標審査基準室より、「周知・著名保護等に関する審査基準の改正について」(甲第36号証)が、公表された。 (4)してみれば、上記の「周知・著名保護等に関する審査基準の改正」によるも、請求人の著名に、「ALUMINIUM」の文字を結合した本件商標は、たとえ、その外観構成がまとまりよく一体に表されているものであるとしても (8)前記(3)の▲7▼〜▲8▼に対する答弁 請求人は、自己の主張を有利に導くため、著名保護すべき旨の判決例を多数引用している。
知的財産高等裁判所 平成20(行ケ)10079 平成20年9月30日
また,著名として保護されるべきか否かは,独創的な標章が考案されたかを基準とされるのではなく,その長年の使用,広告等によりその標章に化体した信用がどれほど蓄積されているかを基準とされるべきである。 (3) 原告は,意図的に他人の著名に便乗するような手法を繰り返している(乙39の1,乙41)。また,原告の商品は,ディスカウントストアにおいて,いずれも他人の著名を装って販売されていた。 店において「キャメル」商標の名の下に世界の著名なブランド商品と並べられて広告されていたこと等の事情を総合勘案すると,原告は,本件商標の出願時及び登録査定時において,「本件引用商標9及び11」の著名
商標審決公報 無効2006−89159(T2006−89159/J3) 平成20年1月22日
そこにおいて、著名として保護されるかどうかを検討するにあたり考慮されるべきは、どれほど独創的な標章が考案されたかではなく、その長年の使用・広告等の行為によりその標章に化体した信用、いわゆるグッドウィル (2−6)結局、被請求人は、「らくだ図形」と「INCA」「CAMEL」の文字商標から構成される本件商標著名である「CAMEL」及び著名である「らくだ標章」と混同を生じるおそれがないことについての また、著名保護されるべき理由は、長年の使用・広告等の営業行為によりその標章に化体した信用に基づく著名性を獲得した商標とそうでない商標との誤認混同を防止し、そのような著名に化体した信用を毀損する
商標審決公報 平成10年審判第35254号 平成14年5月1日
すなわち、そのような著名を一部に含む標章は、その著名と何らかの関わりがあるとユーザーが認識する蓋然性が高いため、「著名」として、商標法においても特別な保護が認められている。 それゆえ、平成11年7月1日より、周知・著名保護に関して、審査基準が改正され、「周知・著名と他の文字又は図形と結合している商標は、原則として拒絶することとする」との基準が公表されたところである 商標法第4条第1項第8号中、「著名な略称」を規定した趣旨は、「これらも氏名と同様に特定人の同一性を認識させる機能があるからであり、人格権保護の規定としてはこれらを保護することが妥当だからである。」
商標審決公報 平成11年審判第35363号 平成12年4月12日
事実、最近の世界各国における商標の実務においては、著名をより厚く保護すべきとの考え方が趨勢となってきており、商標保護の国際的調和の観点から考えて、わが国において請求人の有する周知著名「CARTIER において、すでに、わが国において、取引者、需要者間に広く認識された、いわゆる著名と認め得るものである。 そこで、本件商標「CARTIE」と著名「CARTIER」とを比較するに、両者はともに構成文字中の冒頭から「C」「A」「R」「T」「I」「E」までの6文字を共通にし、その差異は、僅かに末尾の「R」の文字
商標審決公報 無効2004−89035(T2004−89035/J3) 平成17年1月5日
従って、本件商標は、その商標構成中に著名「イブ」「EVE」を含むとはいえないから、引用商標1が周知・著名であるからといって、本件商標が「周知・著名と他の文字または図形と結合している商標である 」とはいえないのであり、現行の周知・著名保護等に関する審査基準の「周知・著名と他の文字または図形と結合している商標は、原則として、拒絶される」との対象には当たらない。 周知・著名保護等に関する審査基準の改正により、現在では「周知・著名と他の文字または図形と結合している商標は、原則として、拒絶される」こととなっている。