法律情報統合検索

全体 (12747件)

[判例]

特許審決公報 不服2004−18197(P2004−18197/J1) 平成18年5月29日 【危険箇所報知システム】
具体的には交通の予測は、場所・地形・走行速度・交通量・季節・時刻・天候・温度・湿度等の過去の履歴情報を交通管理センタのデータベースに蓄積しておき、その情報と走行中の車両情報を比較・分析し、交通 ステップ20では交通管理センタで管理している車両から、逐次その車両の走行情報、及び外部情報を受信、また、交通が発生した場合は、現場検証用処理装置300から交通情報を受信し、データベースを更新 ステップ21ではそれらの取得情報と過去の交通情報とを比較・分析し、走行中に交通を起こす確率を予測する。
甲府地方裁判所  民事部 平成15(ワ)139 平成17年11月1日
に接触するという交通が発生した(以下「本件交通」という。甲1)。 は本件交通後に悪化しているのであるから,原告の右上肢に生じた後遺障害は,本件交通に起因するものというべきである。 (1)本件交通の状況 平成13年4月16日午後6時50分ころ,甲府市○○町○○番地先道路上において,本件交通が発生した。
最高裁判所第二小法廷 平成5(オ)1958 平成8年5月31日
(以下「本件交通」という。) を残して症状が固定したが、同年一二月一一日、本件とは別の交通(以下「別件交通」という。)により死亡した、というのである。 、また、本件交通との間の相当因果関係も認められない。
札幌地方裁判所 平成12(ワ)5083 平成14年3月29日
3 原告の受傷等(一) 本件交通により,原告は,頭部打撲,頚椎捻挫,腹部打撲,顔面切創,筋収縮性頭痛の傷害を負った(原告は変形性頚椎症も本件交通による傷害に含めているが,この点については争いがある 3 本件交通は亡Dが対向車線に進入した上発生した正面衝突事故で,亡Dがこれにより死亡していることからしても,事故の衝撃が極めて重大であったことが推測できるところ,原告は,本件交通によって初めて変形性頚椎症 (三) 原告は,本件交通前に網入れをしたが,本件交通のため網の回収,整理を依頼し,その報酬として,227万0785円を支払った。
特許審決公報 平成11年審判第3589号 平成13年9月7日 【交通事故における人体死傷閾値解明用事故データ検出方法】
【請求項1】 交通時に自動車及び当該自動車に搭乗する搭乗者の人体が受けた外力負荷と、当該交通により損傷を受けた前記人体の損傷の程度を示す損傷度との相関関係から、前記外力負荷の大きさがどのような限界値 に遭遇し前記検出手段が異常負荷を検知したとき、当該交通の発生後のデータ取得上必要な当該交通後最小限経過時間の経過後に前記情報自動記録装置による記録作動を自動的に停止させ、前記交通の発生前の前記各情報 特徴とする、交通における人体死傷閾値解明用事故データ検出方法。
大阪高等裁判所 平成13(ネ)2503 平成13年12月12日
(1) 2頁5行目の「この交通による傷害による入院中」を「この交通による傷害のために入院中」と改める。 (2) 2頁6行目から7行目にかけての「同交通によるDの傷害につき損害賠償を請求した事案」を「同交通によってDが傷害を受けたことによる損害の賠償を請求した事案」と改める。 しかし,入通院慰謝料に係る精神的損害も,休業損害と同様に交通の時に一定の内容のものとして発生しているのであり,交通の後に生じた交通と無関係な事由によってその内容に消長を来すものではない。
最高裁判所第三小法廷 平成4(オ)701 平成8年3月5日
2 Dは、本件交通直後の午後七時前ころ、相当程度酒に酔った状態で自動車を運転して本件交通現場付近に所在する自宅に帰り、そのまま寝入った。 5 自動車安全運転センターが上告人の症状固定後に上告人に対して交付した本件交通についての交通証明書には、Dが事故当事者として記載されていた。 本件交通の加害車両の保有者は、現在のところ明らかでない。
最高裁判所第一小法廷 平成5(オ)527 平成8年4月25日
の同乗する普通貨物自動車と衝突し、Dは、右交通により脳挫傷、頭蓋骨骨折等の傷害を負った(以下「本件交通」という。) 交通の被害者が事故に起因する傷害のために身体的機能の一部を喪失し、労働能力の一部を喪失した場合において、いわゆる逸失利益の算定に当たっては、その後に被害者が死亡したとしても、右交通の時点で、その けだし、労働能力の一部喪失による損害は、交通の時に一定の内容のものとして発生しているのであるから、交通の後に生じた事由によってその内容に消長を来すものではなく、その逸失利益の額は、交通当時における
福岡地方裁判所  小倉支部 平成13(わ)1291 平成14年9月12日
理 由(罪となるべき事実) 被告人は,第1 A,B及びCと共謀の上,交通を装い,農業協同組合から自動車共済金を詐取しようと企て,平成11年11月29日午後8時10分ころ,北九州市a区jk番付近道路において する軽四輪乗用自動車(トゥデイ)を駐車中の普通乗用自動車(ベントレー)に故意に衝突させた上,上記日時・場所において,上記Cが運転する上記トゥデイを被告人が運転する上記ベントレーに衝突させたとする虚偽の交通 を作出し,上記Cがα農業協同組合との間に締結していた自動車共済契約に基づき,あたかも上記Cが運転する上記トゥデイが不慮の交通により被告人が運転する上記ベントレー等に損害を与えたように装い,上記Cが,
最高裁判所第一小法廷 昭和48(オ)234 昭和49年4月25日
そして、この見解をとるときは、本件旅費が本件交通により被上告人の被つた損害として加害者である上告人において賠償するのが公平の観念に照らして妥当であると考えられるかぎり、何としてもこれを本件交通により からいえば、これを本件のような交通から通常生ずべき損害と見るのは無理であつて、特別の事情によつて生じた損害と考えるのが素直ではないかと思う。 すでに述べたとおり、本件旅費が被上告人の本件交通により被つた損害であり、上告人にその賠償責任があるとすることには、私も全く異論がないが、しかし本件旅費が本件交通によつて通常生ずべき損害であるとする
東京地方裁判所 平成28(ワ)12608 平成29年2月28日
(イ) 「交通専門」という原告広告の文言が「交通被害専門」と変更されている。 イ 被告広告2について (ア) 「山梨県の交通被害者の方」及び「東京都にある(財)交通紛争処理センターを利用でき」という原告広告の各文言が,それぞれ「群馬県の被害者の方」及び「(財)交通紛争処理 (イ) 「交通専門」という原告広告の文言が「交通被害者専門」と変更されている。
東京高等裁判所  第八刑事部 昭和45(う)1660 昭和45年12月8日
同法第七十二条第一項は「車両等の交通による人の死傷又は物の損壊(以下『交通』という。) この場合において、当該車両等の運転者は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちにもよりの警察署の警察官に当該交通が発生した日時及び場所、当該交通における死傷者の数及 交通の程度等につき報告を受けた場合その措置の当否を検討し道路における危険を防止するため必要があると認めるときは必要な指示を為し得ることを認めていること等に鑑みると、法はいやしくも交通が発生した場合
神戸地方裁判所  第1民事部 平成14(ワ)1001 平成15年10月16日
(2) 仮執行宣言 3 被告国 第1,第2事件につき,いずれも仮執行免脱宣言第2 事案の概要 1 事案の要旨 本件は,別紙交通目録記載の交通(以下,「本件交通」という。) カ 本件交通現場の状況 (ア) 本件交通現場の道路状況 本件交通現場は,制限速度が50キロメートル毎時の直線平坦な道路で,その手前は,本件車両の進行方向に向けて緩やかな右カーブとなっている また,本件交通が発生した当時,本件交通現場の路上は乾燥していた(甲5)。
最高裁判所大法廷 昭和37(あ)502 昭和38年4月17日
原判決は、本件公訴事実中、「被告人が自動車を運転して公訴事実第一のとおり交通を起したにもかかわらず、右交通発生の日時、場所等法令に定められた事項を警察官に報告しなかつた。」 は……警察官……に当該交通が発生した日時及び場所、当該交通における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度並びに当該交通について講じた措置を報告しなければならない。 右規定の趣旨を前記道路交通法の目的に照らして考えると、同条項前段は、交通があつた場合、事故発生に関係ある運転者等に対し、先ず応急の処置として救護等の措置を執るべきことを命じ、その後段は、この場合、すなわち
千葉地方裁判所 平成11(ワ)2860 平成17年6月23日
第2 事案の概要 本件は,連続して発生した後記二重の交通(以下「本件交通」という。) 1 前提事実(1) 当事者等 ア D(昭和43年12月23日生まれ)は,本件交通当時28歳で,平成8年4月1日から本件交通の日である平 成9年3月8日まで,E病院に研修医として勤務していた者である 被告Gは,本件交通につき,道 路交通法違反で罰金15万円に処せられた。(4) 原告A及び原告Bの相続 原告A及び原告Bは,Dの本件交通に基づく損害賠償請求権について,各2分の1ずつ相続した。
東京高等裁判所  第三刑事部 昭和47(う)252 昭和47年5月29日
そこで考えてみるのに、道路交通法七二条一項後段の規定が交通が発生した場合において運転者等に対しその発生の日時・場所・死傷者の数・負傷の程度・損壊した物および損壊の程度ならびに当該交通について講じた 、その交通の原因となつた犯罪の捜査を目的としたものではなく、したがつてその報告すべき事項も交通の態様に関する客観的な事項のみに限られ、いやしくも事故発生者が刑事責任を問われるおそれのある事故の原因 しかしながら、たとえ右の条項が運転者等に対し同人が事故を発生させたこと、その際の過失の有無などについて報告義務を課していないとしても、交通発生の日時・場所・死傷者の数・負傷の程度等交通の態様を具体的
東京地方裁判所 平成13(ワ)8453 平成13年12月5日
(2) 被告三井住友海上に対する交通傷害保険金請求:交通傷害保険普通約款第1条1項2号「交通乗用具に搭乗している」に該当するか。 2 被告三井住友海上に対する交通傷害保険金請求:交通傷害保険普通約款第1条1項2号「交通乗用具に搭乗している」に該当するか。 交通傷害保険は,交通全般を担保するためのものであり,その保険事故は,普通保険約款に定められているとおり,運行中の交通乗用具に「搭乗」していない被保険者の運行中の交通乗用具との衝突・接触等の交通
神戸地方裁判所 平成14(わ)1360 平成15年3月13日
のため上記停止車両の手前で停止していたA運転の普通乗用自動車をその間近に迫って初めて発見し,急制動の措置を講じようとしたものの及ばず,同車後部に自車左前部を衝突させ,更に,その前方で交通のため停止中 被告人は,前方に交通により停止している車両を認めながら,追い越し車線に進出するため右後方の安全確認に気を取られて前方注視を怠り,本件事故を招いたものであって,過失の程度は低いものではないこと,被害者 しかしながら,本件事故現場では,本件事故の直前に5件もの交通が発生し,そのため暗い夜間の道路上に何台もの車両が不自然な形で停止するなど,非常に危険な状況にあったこと,被告人が本件を反省し,特に死亡した
神戸地方裁判所  第1民事部 平成14(ワ)262 平成15年6月6日
も修繕しなかったため,交通による直接の破損を免れた品もさらに傷んだ。 (2) 被告Eの起こした本件交通により破壊された品物は①③の品であり,交通による破損からは免れたが被告C及び同Dが本件交通後も修繕しなかったため傷んで使い物にならなくなった品物が②④の品である (5) 本件交通と原告主張の損害との間には因果関係がない。
京都地方裁判所 平成12(ワ)3044 平成14年3月20日
を発生させたものであり,また,本件交通当時,被告車両を自己の運行の用に供していたものであるから,民法709条又は自賠法3条に基づき,Fが本件交通により被った損害を賠償すべき責任を負う。 2 争点2(本件交通とFの死亡との間の相当因果関係の存否)について(1) 原告らの主張 Fの死亡と本件交通の間には相当因果関係がある。 を右折したところ,本件交通が発生したものである。