法律情報統合検索

全体 (395562件)

[判例]

宮崎地方裁判所 平成28(わ)41 平成30年1月19日
(2) また,I医師は,本件事故がてんかんの影響によるものであることについて,「⒝町でてんかん発作を起こした後,被告人は,パトカーをあおるような運転をしたり,赤信号を無視したりするなど一般の運転手から見 加えて,被告人は,⒝トンネル前の道路を出発した後,先行車両をあおるような運転をしたり,また,赤信号無視を繰り返したりするなど,周囲の運転手が奇異と判断するような運転を行っていたところ,I医師は,このような 旨説明し(J証言・200,201,350項),さらに,⒝トンネル通過後本件事故現場に至る間に,被告人がパトカーにあおを行ったり,赤信号無視を繰り返したりしたことについても,「てんかん発作中ではあり
特許審決公報 不服2009−24759(P2009−24759/J1) 平成24年2月27日 【携帯端末セット及び該携帯端末セットで用いられる防水又は防塵ホルダ】
往復運動(b)、あお方向の往復運動(c)及びその逆向きの往復運動(d)、首振り運動とあお動の混合型とも言える円運動(e)、あお方向の往復運動を短時間に数回繰り返す連続運動(f)などに分けることができる (b)、正あお動(c)、逆あお動(d)、円運動(e)及び連続あお動(f)----を選択的に与えることにより、X軸とZ軸の両加速度センサー5、6で特異的な出力変化を生じ、それを検出することによって 、あお動、連続あお動等のどの運動が与えられたか、さらに、その強弱の段階によっても分類されるものである携帯情報端末。」
特許審決公報 不服2008−12493(P2008−12493/J1) 平成22年10月13日 【電子機器】
【0026】また、上記「あお動」や「首振り運動」のコンビネーションにより、細分化される加速度変化Fを特異性で分類すると、図9に示すように、首振り方向の往復運動(a)及びその逆向きの往復運動(b)、あお 方向の往復運動(c)及びその逆向きの往復運動(d)、首振り運動とあお動の混合型とも言える円運動(e)、あお方向の往復運動を短時間に数回繰り返す連続運動(f)などに分けることができる。 (b)、正あお動(c)、逆あお動(d)、円運動(e)及び連続あお動(f)----を選択的に与えることにより、X軸とZ軸の両加速度センサー5、6で特異的な出力変化を生じ、それを検出することによって
高松高等裁判所 平成12(う)264 平成14年8月29日
弁護人は,被告人車両荷台左側あお上部の黒色ゴム様のものは本件事故以前から同部位にあったと主張するが,E警察官が本件事故現場に臨場した際,それがまだ真新しい状態であったことを現認しており,弁護人の同主張 以上を総合すると,もはや,被告人車両の助手席側ドア付近及び荷台左側あお部分が,A車両の右バックミラー及び右グリップに,それぞれ接触したと認定することができる。 に比較して,性質上,安定性に欠ける上,四輪車がその側方を通過する場合,風圧等により運者が左右にハンドルを切られることがあるから(なお,被告人は,Aが高齢者であることを認識していた。)
特許審決公報 不服2009−8568(P2009−8568/J1) 平成23年8月24日 【メニュー画面を表示する端末機においてメニューナビゲーションを制御する装置及び方法】
(エ)「【0032】<イベント信号と内部動作との関連付け>さて、以上の説明から、本実施の形態の携帯情報端末1にあっては、図9に示すそれぞれの運動----正首振り運動(a)、逆首振り運動(b)、正あお動 (c)、逆あお動(d)、 円運動(e) 及び連続あお動(f)---- を選択的に与えることにより、X軸とZ軸の両加速度センサー5、6で特異的な出力変化 また同文献には、正あお動による「復帰」イベントを検出して上位の階層に復帰すること、逆あお動による「実行」イベントを検出してオンフォーカス中のオブジェクトの下位階層へ状態遷移させること、なども開示
広島高等裁判所  第1部 平成14(う)181 平成15年7月15日
すなわち,被害車両の右後輪外側タイヤは,ショルダー部が硬質物により裂かれた状態でパンクし,右側あお外板は,最後部から前方への擦過痕が認められ,とりわけ,右後輪の上部付近の擦過痕が顕著であり,前部から8 本目のあお丁番ピンの部分には,後部方向から前部方向へ長さ約60センチメートルのアルミ製のものがくい込んでピンが脱落するなどしていた。 そして,被告人は,5月3日,事故当時,居眠り運をしていて,夢か現実か分からなかったけれど,路肩に止まっているトラックの横に人影らしいものを見た旨供述するに至り,それ以後の取調べにおいては,一貫して,概
特許審決公報 不服2016−1937(P2016−1937/J1) 平成29年2月20日 【マンガー】
「【0026】 所定場面に対応するデジタル静止画像情報に対して相対的に上下左右の平行運動の他に、ゆれ運動、振動運動、前後運動またはズーミング、あお動、回転運動、画面背後への回り込み運動 静止画像へ彩色・彩度・明度を付加する処理であり(段落【0007】)、運動の付加の処理は、所定場面に対応するデジタル静止画像情報に対して相対的に上下左右の運動、ゆれ運動、振動運動、前後運動またはズーミング、あお へ彩色・彩度・明度を付加する処理であり、 (b-2)運動の付加の処理は、所定場面に対応するデジタル静止画像情報に対して相対的に上下左右の運動、ゆれ運動、振動運動、前後運動またはズーミング、あお
特許審決公報 不服2002−15708(P2002−15708/J1) 平成16年8月3日 【居眠り運転警報装置】
【請求項1】 居眠り運状態を検出するための検出手段と、居眠り運警告表示を行うためのヘッドアップディスプレイと、前記検出手段により居眠り運状態が検出されたときに前記ヘッドアップディスプレイを警告表示動作 【相違点1】 <異常な運転状態>の検出対象が、本願発明では「居眠り運」であるのに対し、引用例記載の発明では、基本的に「車間距離」である点。 よって、結論のとおり審決する。
横浜地方裁判所  横須賀支部 平成14(わ)65 平成15年7月8日
というのであるから,上記のあおる行為ということができ,また,その速度(後記のとおり,道路の状況等から見て,時速70キロメートルという速度は自車が相手方と衝突すれば大きな事故を生じさせると一般的に考えられる や上記の接近形態からみて,被告人車両の大型自動二輪に対する上記あお行為は,Bに回避の措置をとらせることを余儀なくさせるものと一般的にいえるものであるから,被告人車両は大型自動二輪に「著しく接近した」と は,被告人の上記あお行為により,Bがそのハンドル操作を誤ったことによると推認するのが相当であり,被告人の危険運転と本件事故との間に因果関係を優に認めることができる。
特許審決公報 不服2012−827(P2012−827/J1) 平成24年9月24日 【運転支援装置】
なお、上記「注意力判定手段により運者の注意力が回復したと判定されたときに運転者に運転情報を通知する」は、「注意力判定手段により運者の注意力が回復したと判定されたときにトリガー条件を満たす場合には運転者 引用発明の「経路案内装置は、異常検知手段により運者の覚醒度が低下し異常が判定された後、前記異常検知手段により異常無しと判定されたとき」は、本願補正発明の「運転情報通知手段は、注意力判定手段により運者 、 前記運転情報通知手段は、前記注意力判定手段により運者の注意力が欠如していると判定された後、前記注意力判定手段により運者の注意力が回復したと判定されたときに運転者に運転に関連する情報を
東京地方裁判所  刑事第16部 平成15合(わ)139 平成15年11月26日
被告人Bは,被告人Aが自分を挑発して進路妨害をしているのではないかと感じて腹を立て,時速約85ないし90キロメートルでA車の7,8メートル後方にぴったりと付いてあお立てた上,第3車両通行帯に進路変更して ブレーキを踏んでストップランプを付ければ,タンクローリーの運転手がびっくりしてブレーキをかけて速度を落とし,以後は私の車をあおるようなことはしないのではないかと思った。 次に,被告人Bについては,タンクローリーという大型車で,A車をあおながら,時速約87キロメートルで走行するという極めて危険な運転をした結果,被告人Aの行為と相まって本件事故を惹起したものであって,強い
名古屋高等裁判所  民事第1部 平成19(ネ)764 平成20年12月25日
また,被控訴人Jは,被控訴人会社で,平成11年から本件事故時まで居眠り運を原因とする事故が5件も発生していることを知っており,被控訴人Eらが従事する大阪定期便の業務については運転手が過酷な労働条件で稼働 したがって,仮に被控訴人会社の運転手が職務中に居眠り運をした場合には,その居眠り運は,特段の事情がない限り,被控訴人Gの上記の過労・居眠り運防止義務違反の結果といわざるを得ず,両者間に相当因果関係 このように被控訴人Eの居眠りは 職場での過酷な労務の結果であり (ア)のとおりの過, ,労・居眠り運防止義務違反がもたらす居眠り運の1例である。
大阪地方裁判所  第3民事部 平成19(ワ)4651 平成21年4月20日
手の労働環境は 原告内部の事柄であり 被告が与り知るところではないエ 以上のとおり,本件事故の原因は,原告の従業員であるAの居眠り運であり,その背景には,原告の杜撰な労務管理があるものと認められるから することにして,これを前提に次のとおり手の配置換えをした。 , , ,ある また 前記( )の認定事実によれば Aが居眠り運をした背景には1原告がAに対し,平成18年12月から本件事故当日まで2か月以上にわたり,毎日のようにバスの長距離運転を含む長時間の労働をさせており
特許審決公報 平成9年審判第4227号 平成11年12月6日 【車両予防安全装置】
否かを判断するとともに、わき見運転や居眠り運が検出されたか否かを判断し、わき見運転や居眠り運が検出されなければ、前記許容相対速度以上のとき警報が発する。 そして、前記引用例2には、「運転者が必要とするときだけ的確に警報を発する」ようにするものであって、運転者のわき見運転や居眠り運を検出する運転状態検出手段を備え、運転者のわき見運転や居眠り運が検出されたか であれば警報を発することが開示されており、この引用例2におけるわき見運転や居眠り運が検知されたか否かを判定することは、前記したように本願発明における「運転者が危険な状態を認知しているか否かを判断する」
特許審決公報 訂正2001−39088(P2001−39088/J4) 平成13年10月23日 【食器洗浄機】
を検知する状態検知手段の出力により運を開始可能とし、前記内蓋は、前後上下に移動するリンク機構で前記洗浄槽を引き出したときに内蓋が開き押し込んだときに内蓋が閉じるように構成し、前記状態検知手段は、前記ロック を検知する状態検知手段の出力により運を開始可能としたものでであり、状態検知手段の出力により食器洗浄機の運転を開始可能とすることにより、洗浄運転途中などに食器の出し入れを行う場合、一時停止スイッチを押さずに を検知する状態検知手段の出力により運を開始可能としたものであり、状態検知手段の出力により食器洗浄機の運転を開始可能とすることにより、洗浄運転途中などに食器の出し入れを行う場合、一時停止スイッチを押さずに
福岡高等裁判所 昭和52(行コ)18 昭和55年10月22日
四 結論 以上のとおり、地公労法第一一条一項は、地方公営企業の職員及び組合の一切の争議行為を禁止し、また、職員並びに組合の組合員及び役員は右禁止された行為を共謀し、そそのかし、又はあおつてはならない旨規定 バスを欠行させ、同月二日及び三日、本庁舎・同営業所及び整備事務所でO職員課長、V営業所長、T整備課長らに対し、多数の組合員と共に組合員の七月三日の休暇承認を激しく要求(休暇闘争のあお行為といえる。) してバスの運行を阻止し、同月二日、同営業所で前記Cらと共に同人と同様の休暇闘争のあお行為をし、同月三日同営業所でR運転手の振替勤務を阻止したこと、同Hが、六月二一日、二島営業所でデイーラー整備員の入構
特許審決公報 不服2015−15906(P2015−15906/J1) 平成28年10月11日 【車両用蛇行運転検出装置】
(ア)「【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は車両に装備される居眠り運警報装置、特に、車両の運転者が運転の継続中に覚醒状態を低下させ、居眠り運に入りかけた際に警報を発して注意を促 す居眠り運警報装置に関する。 の覚醒度Xを推定する居眠り運警報装置S1。」
特許審決公報 不服2011−24889(P2011−24889/J1) 平成24年11月7日 【エレベータの制御装置】
ニ)エレベータの地震時運転方法は、エレベータの制御装置により運制御されることは明らかである。 よって、結論のとおり決定する。 よって、結論のとおり審決する。
特許審決公報 不服2000−12049(P2000−12049/J1) 平成15年7月11日 【空気調和機の制御装置】
高瀬 彌平 平成 7年特許願第296683号「空気調和機の制御装置」拒絶査定に対する審判事件〔平成 9年 5月27日出願公開、特開平 9−137993、請求項の数(2)〕について、次のとおり そして、本願発明は、前記の構成を具備することにより、試運転の残り運時間を表示部にて室外ユニットに表示するので、試運転の残り運時または経過時間が容易に確認でき、また、試運転の残り運時間が表示部にて容易 よって、結論のとおり審決する。
広島高等裁判所  第1部 平成17(う)12 平成17年6月2日
があるのに,これを怠り,漫然上記状態のまま時速約70キロメートルで運転を継続した過失により,仮眠状態に陥り,自車を対向車線に進出させ,折から対向進行してきた被害車に自車を衝突させた旨のいわゆる居眠り運 事故現場の手前約5.2キロメートルの酒店の自動販売機で缶コーヒーとたばこを購入し,同所から約3.1キロメートルのG方付近を走行中に,軽い眠気を覚えたが,目的地である実家まで数分の距離であったので,居眠り運 し,ラジエターから煙が出て,大きなエンジン音がしたので,何事が起きたのかとびっくりしたことのほか,事故後,携帯電話機を確かめると,マナーモードが解除されていなかったことからも,事故の原因としては,居眠り運